FC2ブログ

チベットと中国の領土

2008/08/27 Wed 06:50

チベット自治区だけがチベットの方々の土地ではありません。
青海省・四川省の一部・甘粛省の一部・雲南省の一部も彼らの土地です。
中国政府は長い間中国化の為にこれらの土地に沢山の中国人を移住させています。
もう長い間沢山の方々が訴えていることですがこちらでも継続して訴えていきたいと思います。

こちらのブログはチベットの独立は支持していますが、中国人に対してチベット人がこれまでの
報復をすることには支持できません。中国人を傷つけず独立運動を成功させて欲しいです。
そして、チベット人にはその智慧が照らされていると思います。
苦しみの因縁が更に続くような解決にはならないように祈りたいと思います。

国際社会の勇気が彼らとともに有りますように。
 

外交 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本政府は確か終始内政不干渉の立場を中国に表明していると思います。
これからもこのように表明していけばいいと思います。
今まではこの表明が中国を助けてきたが、今後は台湾を助けることになるような気がします。


外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

国際会議の難しさ

2007/12/20 Thu 06:46

国際会議というのは本当に難しい。
何が難しいのかというと、意思疎通です。
ほとんどの国際会議は参加者の誤解の上に成り立っている。
若しくは、誤解を認識していても無視して成り立たせている。

と、言ってもいいぐらいだと思います。
言葉の違い、文化の違い、考え方の違いというのは
話し合いにおいてはそれほど大きな障害となります。
どんなに素晴らしい通訳の方が居てもです。

この誤解を利用して、お互いに都合の良い合意文書を
作ったりもするようですが、良いこととは思えないと思います。
勿論、海外にて長期滞在の経験のある大体の人は、
薄々は気づいていると思います。

それでも中には気づいていない人も居ます。


本当は日本人間の会話でも同じで、100%きちんと意思が通じることはまずない。
ネット等色々な意見を見ることが出来る現在は気づいている人も多いはずです。
 

外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

アフリカ援助について、

2007/11/10 Sat 06:06

アフリカにとって必要なことは欧米の生活にあわせた援助(物資・制度)を受け
優れた欧米の市場となるよう発展していくことではない、
彼ら固有の素晴らしい文化を守る手助けです。
欧米による植民地支配は未だ終わっていない。最近は何か勘違いしたアジアの大国もいる。

早く彼らに本当の意味での独立をして頂きたい。
彼らの文化は本当に貴重である。見習うべき所も沢山ある。
数千年ほとんど発展してこなかったことを見下す人もいるだろうが、
発展する必要が余り無かったとも考えられないだろうか。

先進国とされる国々は今も経済や科学の発展・成長に躍起である。
皆がいつも楽しい状態を理想とするならば、正しい状態なのだろうか。




追記 2018年5月8日
どうして、この記事だけ、こんなに偉そうなのでしょう(笑)。
外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

日本の評判

2007/10/23 Tue 16:25

私の海外経験からすると外国の方々の日本に対する評判はおおむね良好です。
理由には日本製品の高品質、日本人の人柄などが有ります。
変わった所では、アメリカやイギリス、ロシアと戦ったことがある等。
最大の理由は日本は戦争をしないからです。

世界からの尊敬や信頼を失わない為に戦争を出来る国にしようという動きが有ります。
全くもって大きな勘違いです。
今後アメリカや国連を通じてでも自衛隊の海外派遣が続けば
日本も必ず多くの国から尊敬信頼を失うことになります。

 
外交 | コメント(0) | トラックバック(0)
アメリカの多くの方々は全ての国々が将来自分の国のようになると思っています。
中国の多くの方々は全ての国々が自分の国程度もしくはそれ以下と思っています。


外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

宗教

2007/04/02 Mon 18:31

一神教徒特有の勢いを落ち着かせる為に、東アジアやインド周辺の国々その他
それ以外の宗教も発展している国々は手を結んで自分たちをもっと積極的に
アピールする必要があるのかもしれない。決して布教ということではない。
一神教徒のように激しい布教に走れば必ず不意の衝突が起こる。


外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

外交 アメリカ 1

2007/03/14 Wed 13:30

悪い意味でも良い意味でも子供のような国。
最近は悪いところが目立つが独特の良いところもある。
しかし、今までの罪業は911程度では消えることは無く、まだまだ困難が続く。



外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

外交 アフリカ 1

2007/03/11 Sun 04:30

経済的な立ち遅れはあるが文化的には成熟している。
欧米などと比べて良い意味でも悪い意味でも大人の文化です、礼も重んじます。
アメリカの黒人との混同は絶対にしてはいけないです。本当に違います。
アメリカの黒人の方々はルーツはアフリカにある方でも既にアメリカの影響を受けすぎています。

外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

ダライラマ来日報道

2006/11/16 Thu 13:36

確か11月上旬にダライラマが来日していたはずなのを最近思い出しました。
少し調べてみたのですが確かに来日されていました。
私は彼の来日報道をテレビで一度も見かけなかった。
私は毎日ニュース番組を2、3以上は見ています。
彼の来日は日本のメディアにとって報道する価値はなかったのだろうか。
価値観の違う者らに侵略され続け苦しんでいる沢山の人々を
なかば無視している日本のメディアにはいつも悲しみを覚えます。


ダライ・ラマ法王 Teaching 2006 in Hiroshima
http://www.dalailama2006.jp/index.html


このブログはチベットの独立を支持しています。
これは中国の為にも大切なことです。
今中国の侵略によってチベット人達は苦しんでいます。
しかし、これによって中国人も苦しめられているのです。
中国がいつか気づけることを祈っています。


外交 | コメント(0) | トラックバック(0)

チベット(西蔵)

2006/07/07 Fri 09:23

今も沢山のチベットの方々が中国より侵略を受け苦しんでいます。
もし何も出来なくてもいつも関心だけは持っていて下さい。


外交 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME |