雇用や需要が増えることを良い事かのように言う人が多いですが、
総労働量や総消費量をこれ以上増やして何が良いことなのか
一度よく考えて欲しいです。
生きるのに必要なことは少なければ少ないほど私は良いと思います。



人生でより良い仕事をする為には余裕は多ければ多いほど良いのです。
見えないものを見ることが出来るのはそういう時です。
忙しい時にも色々見えてくることがあると思います。
しかし、それは危険な罠の時が多いと思います。
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
良い記事だと思います。
お時間があればリンク先を是非読んでみて下さい。
山本太郎さん頑張っていただきたいです。
一部抜粋させてもらいます。

「 読んで下さい  山本太郎 2016-01-06
あなたが温かい食べ物を最後に食べたのはいつ?
あなたが最後に布団で眠ったのはいつ?
冬の真っ只中、自分の部屋もなく、
食べ物もない状況に放り出された人々の声を年末の三日間、直に聞いた。
・・・・・
余りの寒さに眠れるはずもなく、夜の間は歩き続け、
太陽があるうちに眠る生活。
凍死せず、生き続ける為の方法だ。
ホームレスについて、昼間からダラダラ寝やがって、
などの意見も聞かれるが、昼間にしか寝れない理由があるのだ。
・・・・・
貯金ゼロ世帯31%。
これが我が国の実態。
仕事で首を切られたり、病気にでもなってしまえば、
その生活は呆気なく、一瞬で崩壊する。
・・・・・
現在、ガッツリ路上生活を営んでます、と言う方々の数は減っていて、
見た目に判りづらい、発見しづらい状態の「広義のホームレス」が、
増えている、と支援者は言う。
・・・・・
もし、「力になりますよ」と近づいて来た者が、
貧困ビジネス目的であれば、生活保護に繋いだあと、
タコ部屋に押し込まれ、食事は毎食カップラーメン、
その上、保護費をむしり取られる、そんな恐れもある。
そんな事例が増加している。
・・・・・
このようなホームレス対策と呼ばれるものは、
リーマンショック以降、基本的に100%国庫負担だった。
しかし、2015年春から施行された、生活困窮者自立支援法の予算措置で、
国が三分の二、自治体が三分の一、負担となった。
・・・・・
優先順位が低い、と判断されれば、予算も多く付かない。
結果、積極的な取り組みは行なわれない。
24時間対応など、コストが掛かるサービスは提供されない。
しかも、一時生活支援事業は任意事業の為、「やる・やらない」は、各自治体の判断。
・・・・・
運用は各自治体まかせなので、地域ごとにバラツキが生まれる。
規模を拡大すれば、他地域から人が流入する、など懸念されれば、
「最低限でいいのではないか?」「やらなくていいだろう」
と消極的になるのも当然だ。
・・・・・
何も生み出さない、コスト、と決めつけられた存在に対し、
ギリギリの予算措置で提供される宿泊施設は、
決して心休まる事のない環境だろうと、容易に想像できる。
・・・・・
炊き出しでお話をした当事者の方は、それらの多くは劣悪な環境で、
大部屋でプライバシーはない。
そうでなかったとしても、薄い板一枚の間仕切りで仕切られた、
非人間的なスペースに身体を横にするだけ。まるで、収容所。
それに加え、そこでの人間関係や揉め事などで、
疲れてしまう位なら路上でいい、と語った。
・・・・・
最優先すべきは、「住まいの確保」
欧米での支援の主流は、ハウジングファースト。
まずは住まいを確保する事から始める。
すると、その後の回復する時間(生活再建に向けて)が、
圧倒的に早いと言われている。
・・・・・

頑張らないなら、生産性がないなら、生きてる価値はない、
って社会に政治主導で進んでる。
「そんなのあたりまえじゃね?」
そう思うあなたに聞きたい。

これまであなたは何を生み出して、どの様に人様のお役にたって、
どれ位、国に貢献した?
その価値をどれ位の人々が認めている?
それ以外で、あなた自身が、自分は生きていても良いとした根拠は?

こんな馬鹿な質問には答えなくていい。
あなたは、存在するだけで価値がある。
この国を支え合い、社会を構成する重要な存在だ。


・・・・・
それを認めているのが憲法だ。
どんな人でも、人としての尊厳を失わず、
健康で文化的な最低限度の生活を憲法でも保障されている。
それを反故にして、切り捨てを続けているのが最大の問題。
・・・・・
国は、弱い立場の人々に対しての切り捨てを加速させている。
第二次安倍政権以降の制度の変更だけを見ても、
それはハッキリしている。
政治は、あなたというコストを削減する為の施策に頭を巡らせている。
・・・・・

2015年末、「越冬」の現場。の巻-雨宮処凛がゆく!-第361回 | マガジン9
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
現行の生活保護制度について思うことですが
所詮大した保護などしていないのだから、
被保護者には感謝こそすれ、
恩着せがましくするなどもってのほかだと思います。

少ない消費で人生を営んでいるところなどは尊敬にあたいすると思います。
この社会ではお金を少し多めに持ったからと
すぐに大きな消費に走る方がほとんどです。
これでは、社会の環境がもつはずがありません。

彼らに助けられているところは本当に大きいと思うのです。

その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
この件に関しては不快な思いをしている人も多いと思います。
参考になるかも知れませんので、紹介させて下さい。

デモ活動への警察撮影について
2015年7月16日  桜丘便りさんより(ブログ)

 昨日(2015年7月15日)、国会議事堂前で行われていた安保関連法案に反対するデモに、見守り弁護士として参加してきました。これぞ表現の自由という、素晴らしい場でした。
 そこで散見されたのが、警察官によるデモ活動の撮影です。
弁護士が違法であることを告げてもなかなか辞めませんでしたが、粘り強く繰り返し抗議し、一人ずつ辞めさせました。
 このような撮影行為は、憲法13条の趣旨に反し許されません。記録のためとか、今後のデモのためとか、違法行為が行われそうとか、色々言ってきますが全て許されません。・・・・・・
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

戦争法案には反対です

2015/05/29 Fri 11:55

ここで今一度きちんと意見を発します。

平和関連法制と自民党が言う「戦争法案」には反対です。


自民党・公明党並び安倍総理には、もう一度世間をよく見て頂きたいです。
戦争やその準備で平和が生まれたことは歴史上一度もないのです。
平和とは清まる覚悟です。
穢れている所には絶対に訪れないのです。



憲法は国の信念、信念は簡単に揺らいではいけない   2014/07/07

願いや祈りが軽んじられ始めたら 社会は危険な兆候です   2013/06/01

恐怖という理由   2007/01/15
その他 | コメント(0) | トラックバック(3)
ちょっと収入があるからと過大な消費に走ってしまう人よりは
生活保護受給者の方が世の中の為になっていると、私は思います。
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
国家のテロ行為が許されて、個人は許されない。
法律をこのように定めることは仕方のないことなのかも知れません。
しかし、実際はどちらも許されていないことを
認識しておかなければならない。

同じことをして特別に許されることがあるのは、
その業を背負う覚悟がある者のみです。
その業を背負うということは、やはり許されてはいないのです。



その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
表現の自由を保障するということは多くの人を傷つけるということでもあります。
だからと言って、これに制限を加えようという考えは浅はかだと思います。
これに少しでも制限が加われば、傷つく人は更に増えるからです。
悲しき人の多様性が希望であることを覚えておいて欲しいです。
 
 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
先ずは去年をもう一度振り返ろうと思います。
そして、心新たに新年をがんばろうと思います。
印象に残っている記事を紹介させてください。
興味のあるものだけでも読んでもらえれば嬉しいです。

今年もよろしくお願いします。
 2015年 元旦

衆院選は比例代表制のみでいいと思います

子供の騒ぎ声について

2014/10/24 平智之京都講演会「ベーシックインカムを考える」(第1回)(動画)

福島について継続して言い続けたいこと

御嶽山、死者12人に 心肺停止は24人・・・

[海保暴力]無抵抗の市民に力ずく 水中沈め、恫喝も

集団的自衛権 閣議決定の日 自衛隊から手紙 高3驚く

米シアトルで「最低賃金1,500円」 満場一致で可決

関電大飯原発の稼働認めず、「危険あれば当然」と福井地裁

1日10時間とか8時間お金儲けに費やせるほど、 人生に余裕があるとは思えない

週休4日が現実的だと思います

左翼の怠慢

仕事をしよう

報道するラジオ「復興予算は復興に使われているか?」 YouTube

さんま 国税局に“殴り込み”の過去「戦争のために働いてない」

迷惑、迷い惑う。 

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
もう何回も行われている小選挙区制においての国政選挙、
毎回批判的な意見が多数出ていると思います。
私ももう止めるべきだと思います。
国会議員の方々には抜本的な選挙制度改革に、

今すぐ取り組んでほしいです。
そして、改革案がまとまるまでは、臨時の措置として、
衆院選は取りあえず比例代表制のみでいいと思います。


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
自民党大勝のような選挙結果です。
しかし、よくよく見れば、わずかながらも自民党は議席を減らしています。
民主党は少し議席を増やしたものの、
自民党と大して変わらない政策を持つ野党の総議席数も減りました。

そして、明確に護憲・反原発を打ち出している政党は大躍進しました。

こんな選挙をあと2、3回続けられれば、
戦略的投票の方々にも変化を与えられると思います。
自民に勝てそうな候補が民主・維新から
共産・社民に変わってくるはずです。

私はわずかですが、希望を感じました。
まもなく勝負できる機会が訪れるかも知れません。
あきらめず、ねばっていきたいです。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(1)

戦略的投票について

2014/12/11 Thu 07:46

今回の選挙、小選挙区でとにかく自民党を追い落とそうと
自分の考えに最も近い候補者ではなく、
勝てそうな候補者に投票しようという運動があります。
私はこれに対して危惧しています。

中長期的な小選挙区の罠にはまる可能性が高いと思います。
つまり、これでは結局はよく似た政党2つが残るだけで、
国会で沢山の民意を反映することが出来なくなると思います。
勿論これが最後の選挙になるなど、余りにも重要性が高い時などは

このような行為は有効だと思います。
ただ今回はまだそのような選挙ではないと思います。
いつかそのような選挙の時の為にも、今は少しでもましな候補者に
少しでも多く得票させて、実績を残してあげるべきです。

選挙では追い上げた実績は必ず次に生きます。
これは百戦錬磨の自民党議員が最もよく分かっていることで大変恐れます。
こんな時自民党のような議員、政治屋のような議員は
あせって自らミスをしてしまうことも多いです。
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

公平な選挙報道とは

2014/12/09 Tue 16:31

公平な選挙報道に報道各社の方々が苦労されていると思います。
今、一般的に取り入れられている方法は、一つの題材を置いて
主要な政党に同じ分量説明を頂くというものだと思います。
しかし、これは本当に正しい方法でしょうか。

立候補しているのは、主要な政党のみではありません。
色々な小政党も同じ条件で立候補しています。
私は余りにも不公平だと思います。
勿論、主要な政党の数だけでも今は本当に多く

全ての政党などとなれば、
国民、有権者目線は完全に行方を失ってしまうと思います。

そこで、以下が私の提案です。
・先ず公約は慎重に全て平等に報道する。
・その上で、討論や説明などは各題材相反する1・2党の代表、
 若しくは専門家のみで、やりあえばいいと思います。


この方が国民にとっては選挙の争点が理解しやすいはずです。
憲法問題なら改憲派・護憲派、原発問題なら再稼働賛成派・反対派、
少数の同数で議論し合うのが理にかなっていると思います。
多数の代表で少しずつ意見を言い合っても、無意味な言い合いに

終わり、選挙の関心が薄れるだけだと思います。
そうして、有権者は各種様々な意見を聞き、公約を頼りに
自分の考えに最も近い候補者に投票すれば良いと思います。
 


鶴瓶も「赤旗」で護憲を主張! 芸能人・文化人の間で共産党が人気な理由
LITERA 2014.12.11

・・・・・
繰り返すが彼ら彼女たちのほとんどは、共産主義者でも共産党支持者でもない。
 こうした背景にはおそらく、比較的リベラルな志向をもっている芸能人や作家の中で、安倍政権の政策に対する危機感が高まっていることがあるだろう。憲法改正や集団的自衛権行使などによる戦争への道になんとか警鐘をならしたい、そして最悪の原発事故を経てもいまだこれを推進しようという安倍政権の政策に対し、反対の意志を表明したい、そういう有名人が増えているのだ。ところが、メディアの側はそれこそ「偏向」といわれるのをおそれ、著名人に政治的な意見を表明する場を与えようとはしない。そこで、彼らが「赤旗」にその場所を求めるようになったということのようだ。
・・・・・

日テレとNHKが菅原文太の反戦・脱原発発言を自主規制で封殺!?
LITERA 2014.12.06

 
日テレ元局員が告発!テレビ局が行っている安倍政権PRの
“偏向報道と印象操作”
LITERA 2014.12.11
その他 | コメント(0) | トラックバック(1)
自民党を終わらせるために民主党や維新・次世代のような政党に
投票するなんてことは有り得ない。たとえ勝てなくても、
自分の考えに一番近い政党に投票すべきだと思います。
落選しても一票でも多く実績を残せれば、それは次につながります。

「選挙結果では圧勝した自民党も得票数では野党に劣っています。」
などという報道が今もよくなされていることを覚えておいてほしい。
今回の善戦は必ず次回につながるのです。
次の次くらいに大きな正念場ともなる選挙が行われると思います。

その時劣勢でも戦える位置にいたいです。
 



自民党のような政党の行ったり来たりでは事態は悪化し続けるだけ、
希望の光も、まもなく肉眼ではほぼ見えなくなると思います。
その他 | コメント(0) | トラックバック(2)
自民党やその派閥のような政党に見切りをつけるべき時季だと思います。
このままだと貧富の差は更にひらき、戦争も合法化されます。
勿論、原発も再稼動されます。
原発により又無駄なエネルギーが沢山排出され、無駄な消費が推奨されます。

そして、更なる環境破壊が始まります。

日本の経済はもう熟しています。
今はそれをどう収穫するかの時季です。
いたずらに奪い合うのか、
みんなが楽しめるようにするのか。

自民党、公明党、民主党、生活の党、維新の党、次世代の党。

これらの党は、今も何も変えようとせずに今までにしがみついて
苦しみの拡大再生産を促しています。
私達は次に進もうではないですか。
また沢山失敗するかも知れません。

しかし、必ず失敗するものにしがみつくのはもう止めにしたいです。
苦しい延命治療より、生まれ変わりましょう。

緑の党・共産党・社民党等の党を真剣に考えてみて下さい。
よろしくお願いします。


緑の党 : http://greens.gr.jp/

日本共産党 : http://www.jcp.or.jp/

社民党 : http://www5.sdp.or.jp/




(旧記事改訂)
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近あなたはネトウヨですかと思ってしまうテレビキャスターが
本当に多い気がしているのは私だけでしょうか。
思想の問題なのでどういう思想を持とうが
批難すべきではないと思うのですが、寂しいです。

今回の沖縄新知事へのインタビューをいくつか見ましたが、
そういうキャスターが多かったと思います。



<社説>新知事に翁長氏 辺野古移設阻止を 尊厳回復に歴史的意義
2014年11月17日 琉球新報


翁長氏「民意受け真摯な行動を」 国に辺野古断念求める
2014年11月18日 朝日新聞
その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
ベーシックインカム、一考に値すると思います。
私は支持しています。

2014/10/24 【京都】
平智之京都講演会「ベーシックインカムを考える」(第1回) (動画)
  
 10月24日(金)、平智之・前衆議院議員が「ベーシックインカムを考える」と題し、連続講演の第1回を京都市中京区のウィングス京都で行った。就労の有無、収入の多寡などの条件を課すことなくすべての個人に最低限の所得を国が給付するベーシックインカム(BI、基礎所得保証)制度について、平氏が社会の根本的な問題とも様々に関係した論点を示しつつ、ベーシックインカムが左右に翼を広げる貴重な議論素材であり「新しい政治の軸のひとつに育てなければならない」として議論を繰り広げた。

 平智之 活動ブログ: http://t-taira.net/blog/index.html

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

<たばこ>分煙について

2014/09/02 Tue 12:39

分煙で気分がよくなるのは吸う人のみです。
吸わない人にとっては、相変わらずのストレスです。
第一、完全に分煙など出来ている場所を見たことがありません。
そこで働いている人などどうしてもそのエリアに入らなければ

ならない人にとっては、全く無意味な施策です。
公共の施設、飲食店などお店では、
分煙ではなく完全に禁煙にするよう法整備すべきだと思います。


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
最近平気で嘘をつく人が増えているような気がします。
虚が穢れて嘘になる。
悲しい限りです。

1日8000円の日当にお弁当もつくそうです。
こんな嘘をどうして堂々とつけるのか。
彼に何があったのだろうかと考えていると、、、、
彼も可哀相な人です。

ブログ「海鳴りの島から」さんより、
沖縄のネット右翼の動き 5
ー 反対運動は金のため、というデマを拡散する手登根安則氏

 オスプレイ・ファンクラブの中心メンバーである手登根安則氏が、自身のフェイスブックに以下の文章を載せている。沖縄のネット右翼の水準が分かる文章なので、全文を引用して紹介したい。
〈 大山ゲートの反対派は、午前7時30分に活動を終了します。以前は7時45分まで罵声を浴びせかけておりましたが、最近は15分早上がりです。理由は、「辺野古」へ移動するから。
ここでの日当¥3000に加え、辺野古へ移動し夕方までボケーッと座っていれば更に¥5000追加、合計の実入りが¥8000 / 1日、となります。このような連中に給金を支払える資金力には驚きですね。我々はこれを、「辺野古バブル」と呼んでおります。・・・・・・〉
・・・・・
 反戦・反基地運動や反原発運動などに参加している人たちに対し、日当をもらってやっている「プロ市民」、というデマをまき散らすのは、ネット右翼の使い古された手法だ。手登根氏もその本領を発揮しているわけだが、それにしてもだ、大山ゲートの抗議行動に参加すると3000円、辺野古の抗議行動に参加すると5000円の日当がもらえるんだそうだ。私は一度ももらったことがないんだが、どこに行ったらもらえるんだろうか?いったいだれが日当を払っているんだろうか?数字は具体的なのに、それ以外は何も具体的に示さない。手登根氏はよくもまー、こういう嘘を平然とまき散らせるものだ。・・・・・・
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
みわよしこさんが優しく解説してくれています。

生活保護のよくある誤解に答えてみました
みわよしこ さん 2014年8月22日



守りたいのは生活保護利用者たちの既得権?
生活保護基準引き下げ反対訴訟が持つ本当の意味

みわよしこさん 8月22日ダイヤモンドオンライン
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »