FC2ブログ
本ブログも、高速増殖炉もんじゅの運転再開には反対します。
昨今の早期運転再開を望む政府や関係機関は恥を知るべきだと思います。
事故が起これば規模によっては関西全域が人が住めない地域になります。
その程度の事故ならば勿論北陸や名古屋も人が住めなくなります。

それだけの人間が移住を迫られれば日本はどうなるでしょうか。
決して福井県だけの問題ではないということを改めてみんなで考える必要が有ると思います。

もんじゅ:専門家ら、再開反対の緊急声明
毎日新聞 2010年4月1日 東京朝刊

 95年のナトリウム漏れ事故後停止している高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)について、全国の原子力工学の専門家ら33人は31日、運転再開に反対する緊急声明を発表し、民主、社民両党に提出した。呼びかけ人の小林圭二・元京都大原子炉実験所講師(原子力工学)は「実現性のない技術開発に巨額の税金投入は許されない」と話している。

もんじゅ:運転再開に反対声明 原子力工学専門家ら33人 毎日新聞 2010年3月31日

べったり原子力村 もんじゅ機構、天下りと業務「交換」
 高速増殖炉「もんじゅ」などの原子力関連施設が立地する福井県内の首長や国会議員側などに対し、もんじゅを運営する「日本原子力研究開発機構」(茨城県東海村)の業務の請負企業3社が長期間にわたりパーティー券1千万円超を購入してきた実態が明らかになった。同機構OBを役員に迎えた請負企業群が業務を受注。外からは見えにくい「原子力村」を築いてきた。 ・・・・・・

ストップ・ザ・もんじゅ     “もんじゅ・西村裁判”へようこそ    上関原発計画の撤回を求めます 
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示