FC2ブログ

日本の原発地帯 (同時代ライブラリー (286))
鎌田 慧  岩波書店

自治体に原発がどのように誘致されていくのか、
誘致した自治体はどのようになっていくのかがよく分かる本だと思います。
国や電力会社の卑しき実態をよく表現されていると思います。

少し古い本なので書店で探すのは難しいかもしれませんが、主だった図書館なら大体置いていると思います。


アマゾンより
 出版社/著者からの内容紹介
原発は民主主義の対極にある.頻発する事故隠し,ばらまかれるカネ,破壊される地域社会,日本の矛盾の凝縮する原発集中地帯の歴史と現在の報告.反響を呼んだ元版を加筆,核廃棄物最終処分場,巻町住民投票などを増補した決定版.
 内容(「MARC」データベースより)
福井、伊方、柏崎、島根、下北などの、日本の原発集中地帯の歴史と、最新のデータを盛り込んだ現在の報告。頻発する事故隠し、ばらまかれるカネ、破壊される地域社会をあばく決定版。
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示