その経験をアメリカ政府の他国に対する振る舞いにも生かして欲しいです。
そのようなことをされれば他国がどれだけ傷つくかよく考えて欲しい。
アメリカ政府に他国から沢山の銃口が向けられる理由がよく分かると思います。

オバマ大統領、人種への偏見克服訴える 「少年は35年前の私」
産経新聞 7月20日

 米南部フロリダ州で17歳の黒人少年を射殺した男性に出た無罪評決を人種差別の表れだとする抗議活動が全米で広がるなか、オバマ大統領は19日、「少年は35年前の私だったかもしれない」と自分自身の体験を交えながら、人種に対する偏見の克服を訴えた。
 大統領はホワイトハウス報道官の定例会見場に予告なしで登場。デパートで買い物中にジロジロとみられたり、街中を歩いていて車の中からカギがかかる音を聞いたり、エレベーターで一緒になった女性が心配そうに財布を握りしめたりといった自身の経験を告白した。
 さらに大統領は「自分の経験から、黒人社会が評決をどのように受け止めているかは分かる」と抗議活動への共感も示した。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
ケネディ次期大使を歓迎=菅官房長官  菅義偉官房長官は25日午前の記者会見で、次期駐日米大使への起用が発表された故ケネディ元大統領の長女キャロライン・ケネディ氏について