宝塚市が自ら反省する声が聞こえてこないのは残念です。
犯人が通常どうり法によって裁かれるのは当然だと思いますが、
それに至らしめた宝塚市に何の落ち度もなかったのかと考えると甚だ疑問です。
警備員が多数必要な市役所が良い市役所なのかどうかもっとよく考えて欲しいです。

放火事件の宝塚市役所、業務を再開 警備員を増員
産経新聞2013年7月16日

 兵庫県宝塚市役所の放火事件で、同市は16日、火災の影響で停止していた業務を再開した。参院選、県知事選の期日前投票はすでに再開しており、市役所機能が全面的に回復。警備員を増員し、巡回頻度を増やすなど安全対策も強化した。・・・・・・
 中川智子市長は庁内放送で「事件に負けずにしっかりと市民サービスに取り組んでいく」と市民や職員へ呼び掛けた。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示