そろそろ本性を露骨に出してくる頃なのでしょうか。
原発は即時全廃しかないのです。
こういうのんびりした規制は本来ただの原発推進です。

<原子力規制庁>独立性「骨抜き」 経産省から期限付き職員
毎日新聞 7月3日

 ◇「ノーリターン・ルール」の例外
 原子力規制庁が、原発再稼働の前提条件となる安全審査の態勢強化に伴い、原発の推進官庁である経済産業省に「応援」を要請し、職員が規制庁に異動したことが分かった。規制庁には、推進官庁に職員を戻さない「ノーリターン・ルール」が法律で定められているが、今回は発令時から出身官庁に戻すことを想定して1年間の期限付きとしており、推進側からの独立性が問われる。
・・・・・
 経産省からは1日付で既に4人が異動。いずれも辞令に来年6月末までの期限が明記されている。このうち3人は原発の審査や検査を担う部署に、残り1人は広報の担当課に配属された。経産省からの応援要員は今後も増え、最終的に計10人程度になる予定。・・・・・・

伊方3号機「再稼働見送りを」 とめる会要請     愛媛新聞 7月2日
原告「人生狂わせる」 大飯差し止め訴訟で京都地裁初弁論    京都新聞 7月2日
-原発関連デモ集会情報-
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示