マクドナルドのこの件に関する決定を私は支持します。

マクドナルドが入植地への出店拒否、イスラエル住宅相「不買」呼び掛け
6月27日 時事

 米ファストフード大手マクドナルドのイスラエル法人が、パレスチナ自治区ヨルダン川西岸のユダヤ人入植地への出店を拒否したと、メディア各社が26日伝えた。
 地元テレビ報道によるとマクドナルド・イスラエルは、ヨルダン川西岸にイスラエルが建設したユダヤ人入植地アリエルに来年オープン予定のショッピングモール内への出店を打診されたが、「イデオロギー上の理由」から断ったという。
 マクドナルドの決定を受け、極右政党「ユダヤの家」出身のウリ・アリエル住宅相は「(アリエルへの出店を)ボイコットするならば、彼ら(マクドナルド)もボイコットされると知るがいい」と述べ、イスラエル国民にマクドナルド商品の不買を呼び掛けたという。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 以前(2009年)、関東・関西のミニシアターなどで試験的に自主上映され話題になったパレスチナの映画「スリングショット・ヒップホップ」が、ようやくにして配給元(シグロ)を得て、通常の営業公開にこぎつけることになった。