横須賀で臨界寸前の事故があったようです。

燃料工場でウラン容器接触 臨界、被ばくはなし
2013/06/13 【共同通信】

 原子力規制委員会は13日、原発用燃料加工会社のグローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパンの工場(神奈川県横須賀市)で、ウラン粉末が入った金属製の容器二つが接触したと発表した。ウランは一定量以上が集まると核分裂が連鎖的に続く臨界が起こる恐れがあるが、作業員がすぐ二つの容器を離した。臨界や作業員の被ばく、環境への放射性物質の放出はないとしている。

伊方原発でホウ酸水漏れ 外部影響や被ばくなし  東京新聞 2013年6月14日
-原発関連デモ集会情報-
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
横須賀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。