FC2ブログ
政府並び、NPO法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに対し強く抗議します。
狂っています。どうして世界中の子供まで・・。
何がセーブ・ザ・チルドレンですか、何を守ろうとしているのでしょうか。
今そこは大人でも本来ならば住めない所です。

最前線に子供を立たせて、大人は金儲け、涙が出てきます。

世界子ども会議の福島県開催には反対です。

本県で世界子ども会議 27年、190カ国から2000人超
2013/05/20 福島民報

 政府は平成27年3月に本県などで開かれる国連防災世界会議の同時関連イベントとして、防災をテーマにした世界規模の「子ども会議」を県内で開催する。古屋圭司国土強靱化担当相が19日、県庁で佐藤雄平知事に伝えた。国連加盟の約190カ国から、2000人以上の子どもの参加を見込んでいる。東京電力福島第一原発事故からの復興を目指す本県の現状を正しく理解し、各国で発信してもらう。
 子ども会議は初めての開催となり、県が会場を選定する。政府は県内各地の放射線量などのデータを伝え、各国とも10人以上、派遣するよう呼び掛ける。対象とする年齢層は今後、検討する。政府とNPO法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの共催になる。
 会議では東日本大震災と東京電力福島第一原発事故で被災した本県をはじめ、世界の子どもが防災についての考えを発表する。意見は各種の防災・減災計画に反映させる。
 帰国後、子どもたちに本県についての正しい情報を発信してもらい、原発事故による風評の払拭につなげる。
 政府は、21日から23日までスイス・ジュネーブで開かれる国連の防災会合に亀岡偉民内閣府政務官(衆院本県1区)を派遣し、各国に参加を訴える方針だ。
 古屋氏は佐藤知事との会談後、報道陣に「福島県の子どもたちは原発事故の影響でつらい思いをしている。こうしたイベントを県内で開催することは有意義だと佐藤知事に伝えた」と語った。会談には亀岡氏が同席した。
 県関係者は「世界の子どもたちが、本県についての情報を正しく伝えてくれると期待している。2000人が集まれば、効果は非常に大きい」と歓迎している。

★0602 反原発☆国会大包囲  6月2日(日)
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示