裁判所の対応を見守りたいと思います。
現在の裁判官の覚悟というものを知ることが出来ると思います。

「裁判所も謝罪を」菅家さん冤罪の説明求める
読売新聞2010年2月12日


どれだけ精一杯頑張っても人は間違う時が有る。
どれだけ正しいと思われる行動をとっても間違う時が有る。
そんな時でも謝れるかどうかということが人の大きさなのではないでしょうか。
そして、それを許すことが出来る社会を私は待ちこがれます。


仕事=お金儲け?  2008年01月06日 | 経済

司法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示