いい記事でした。
司法のあるべき姿を簡潔に語ってくれていると思います。

【憲法と、】第2部 救われた人生<5> 原発差し止め 権力に遠慮しない
2013年5月8日 東京新聞

 二〇〇六年初頭、金沢地裁の裁判官だった井戸謙一さん(59)は眠れぬ夜を過ごしていた。冬なのに布団に入ると汗が噴き出す。三月に言い渡す判決の結論は決まっていた。原発の運転差し止め。「批判は覚悟していた。ただ、国策を否定する以上、わずかな論理の破綻も許されない」。理由をどう組み立てるか悩み抜いた。
 判決ができあがると、もう気負いはなかった。三月二十四日、法壇に立った井戸さんは、淡々と述べた。「主文、志賀原発2号機を運転してはならない」・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示