津波だけが原因ではないと思いますが、津波だけを見ても
事故の前から沢山の人が何回も指摘していました。
国会ですら指摘されていた議員がいます。
それでも想定できなかったなど、都合の悪いことを想定しなかっただけです。

都合の悪いことは想定しなくても良いという前例を検察が許してもいいのでしょうか。
第一、東京電力のこのような言い訳、誰が認めることが出来るのでしょう。

「検察当局の聴取に当時の東電幹部らは、津波対策の必要性について認識がなかったことを証言。事前の試算で15メートル超の津波が襲うことも想定されていたが、「あくまで試算で、実際に起きるとは考えていなかった」とし、事故は予見できていなかったとの見方を示した。」

検察当局には必ず立件して頂きたいです。
これだけの被害を出しているのに立件できなければ
検察の威信にかかわると思います。

原発事故、立件見送り視野 東電幹部ら「大津波想定せず」
2013.5.6 産経ニュース


原発関連デモ集会情報
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示