何を考えているのでしょうか。
悲しい限りです。

九電・値上げ:経産省基準超す役員報酬 消費者が不信感
毎日新聞 2013年04月02日

・・・・・ 電気料金は電気事業にかかる原価に一定の利益を上乗せする「総括原価方式」で決められる。恣意的な原価にならないよう同省が査定し、九電に対して、1人当たりの役員報酬を年約3300万円から国家公務員並みの約1800万円に引き下げを要請。増員した3人の取締役とやらせメール問題で辞任した当時の眞部利應(まなべとしお)社長と松尾新吾会長を含む顧問・相談役3人の報酬を認めないよう求めた。
 九電が2日に示した原価とした額は、この指摘通りに修正された。しかし、実際に支払う役員報酬は年約2000万円で、約200万円上乗せする。また、原価には含めないが、顧問・相談役3人にも計約5000万円を支払うと説明した
 会見ではこの点に質問が相次いだ。「消費者の理解が得られるか」と尋ねられた瓜生社長は「(約200万円の差があっても公務員と)同水準と思う。(理解が得られるかは)消費者の判断だ」と強気な発言に終始。・・・・・

原発関連デモ集会情報
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示