FC2ブログ
食物の放射能汚染についてです。
現在食物は全て一律の基準で消費の不可を決めていますがこれはおかしいと思います。
正しい数値と大よその基準を国民に示し国民一人一人が消費の不可を決めるべきだと思います。

放射線の感受性は一般的に年齢を重ねるにつれて下がると言われています。
健康に影響を及ぼす確率が子供と老人では大きく異なるのです。
例えば、私が聞いた話では、乳児と30歳台の人で5倍近くの差があるそうです。
そして、30歳台の人と60歳台の人ではもう100倍以上の差が有るようです。

ですので、子供と比べると老人はもうほとんど影響がないと言えると思います。
今のままですと今後東北や関東一帯の多くの食べ物が廃棄される事になると思います。
これは勿体無いです。命を奪って作られるのが食べ物です。
なるべく粗末にしないように考えなければならないと思います。

 補足
勿論、老人にしてもだから安全だとは言いません。放射線被曝は少しでも危険です。
しかし、今の日本人はある程度は受け入れなくては仕方が無いと思います。
原発を無視、軽視してきたさせてきた責任は重いと思います。


原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示