本ブログは、死刑執行に強く抗議します。

千葉景子法務大臣には当初大きな期待を持っていました。
犯罪者の厳罰化や時効撤廃など少しづつ失望させられましたが
死刑制度廃止については期待できないかなと今まで思っていました。
残念です。

殺人者となった今はどのような気分なのでしょう。
死刑に立ち会ったことは評価したいと思います。
自分の命令で殺人者にされた者らのこともよく覚えておいて欲しいです。
千葉法相や関係者にかかる新たなる苦しみがなるべく早く癒されるように祈ります。

死刑執行 千葉法相「慎重に検討し命令」
7月28日配信 毎日新聞

 千葉景子法相は28日午前11時過ぎから法務省内で死刑執行について記者会見し「大変残忍な事件で被害者、遺族も無念だったと思う」と述べ「慎重に検討させてもらい、死刑執行を命令した」と厳しい表情で語った。
 2人の死刑執行に法相として初めて立ち会ったことについては「自らの目で確認し、死刑について深く考えさせられるとともに、根本からの議論が必要だと感じた」と述べる一方、執行場面を見た個人的な感想については「コメントは差し控える」と話した。・・・・・・

「千葉法相は国民に説明を」=死刑廃止派の亀井氏らが批判
7月28日配信 時事通信

・・・・・・亀井氏は「今は政治家が日ごろの言動、信念と関係ないことを簡単にやる。千葉法相までもかと(思う)。政治家の信念や公約を国民が信じられなくなっている」と指摘した。 

 死刑の事実と因果     2008年04月23日

 カテゴリー 「死刑」 
 
死刑 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示