病気とは楽しく仲良く 

2009/12/29 Tue 06:32

病気と闘うとよく言います。
病気とは闘うのではなく仲良くするべきなのです。
病気など自分を苦しめるものであっても、闘って傷つけ合うのは良くない。
病気と楽しく仲良くすることが大事なのです。

仲良くしていると離れられなくなることを心配するかも知れません。
しかし、考えてみて下さい。
本当に楽しく仲良くできた人と長く一緒に居れたことありますか。
そうやって、常に楽しくいることとはどういうことか人は学んでいける。

解決の際の心の状況はそのまま後の因縁につながります。
闘えば闘いの、苦しめば苦しみの、恨めば恨みの因縁が残ります。
だから、もし楽しめれば楽しみの因縁が残りその後も楽しくなります。


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示