アーティストが表現を怠ればアーティストではないと思います。
今後も頑張って欲しいです。

モンパチ、MステでNOオスプレイ
沖縄タイムス 1月26日

 県出身の人気ロックバンド、モンゴル800が25日、生放送の音楽番組に出演し、ボーカルの上江洌清作さんは「No! Nukes(原子力反対) No! Osprey(オスプレイ反対)」と書かれた青いシャツを着て熱唱した。 モンパチが出演したのはテレビ朝日の「ミュージックステーション」で、代表曲「小さな恋のうた」を披露した。上江洌さんは歌詞を一部変え「思いは届く 小さな島の 沖縄・東北のもとへ」と歌い、シャツの胸の文字に手を当ててアピールするしぐさを見せた。
ニュース | コメント(7) | トラックバック(0)
コメント
穢れた音
芸術に思想を持ち込めば醜く穢れる。

音楽に思想を持ち込めば
アーティストではなくアジティター

芸術を汚すな、愚か者!
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
感謝の心さん
コメント有難う御座います。
芸術とは有形無形の思想を表現するものだと思います。
Re: ナイス記事☆
もう少しはっきり読みやすいシャツ・字だとよかったですよね(笑)。
我が家のアナログテレビではちょっときびいしいです(^^ゞ。
芸術に美への追求以外の思想はすべて不純です。
彼は音を楽しむと言う純粋さを穢している。
不純なものは芸術は必要ない。

さらにいうなら、この番組のコンセプトである
「楽曲を聴かせること」にも反している。
番組スタッフ・視聴者そして音楽そのものを裏切って
自分の思想を垂れ流したわけだ。

不純極まりない輩だな。

まあ、芸術に対して純粋たろうとすれば、
人の世の倫理を入れることすら不純になるんだけどね。

芸術に理解の無い輩は、芸術家を人格者と錯覚することが多くて困る。
医学・科学者についても然り。
医学者・科学者は人格者であらねばならないのであって
人格者であるわけではない。


ちなみにオスプレイを導入しようとしている国(日本を含めて)の
想定用途は多くは遭難救助用ですね。
もともと、レスキュー用途を視野に入れて開発された機体ですし
当然と言えば当然です。

滑走路の無い場所(離島など)に対し、
より速く、より遠く、より大量に搬送できる能力があります。

ドクターヘリどころか、緊急医療機器・施設の一切合財を
同時に搬送する能力がある機体は他にありません。

沖縄基地でオスプレイが運用実績を積めば、
沖縄でのレスキュー用途への転用もスムーズにいくし、
離島の多い日本(特に沖縄)の医療問題にも切り札になることは
間違いないと思います。
既存のヘリより騒音も低いということだし・・・
導入期はどんな機体でも何かとトラブルが発生するものですが、
その都度、改良が進み事故発生率はどんどん下がります。
(既存の機体の老朽化による事故増大のほうが危険)

オスプレイにNOという理由がよくわからない。
感謝の心さん
コメント有難うございます。
芸術って美の追求だけではないと思います。
No title
たしかに芸術や研究者=人格者としがちな世相には、おおいなる違和感を覚えます。
同時に、音楽を純粋に楽しめばこそ、その人の思想もおのずと表現される場合があるかと思います。
芸術とは、少なくとも押し付けであってはならないですし、またこれまで刷り込まれている美からの脱却のチャンスともいえます。
少なくとも、私はオスプレイ配備には絶対反対です。
どこにも設置してほしくない。
現に、日常生活に不安をもたらしてるからです。
平和って、日常のなんてことない空気があたりまえのことだと、ます単純に思います。
モンパチの楽曲を崇拝する気はないですが、沖縄のみならず多世代を超えた多くの人々に好まれているのもまた、アートの実体だと確信しています。

管理者のみに表示