アイナメでこれだけ出ているのにタコや貝が大丈夫と言うのはやはり大きな疑問です。
アイナメも食に貪欲な魚ですが、タコなどはそれ以上です。
きちんと調査されているのか心配でなりません。

東京電力の言うとおりホットスポットのようなものが有るのなら(私もあると思います。)、
部分検査しか出来ない魚や貝などは福島近海の物は出荷すべきではないと思います。
今回はセシウムの検査ですが海ではストロンチウムの心配もあります。
今の私達の健康に、今後の人達の水産資源の為に、

私は100年間漁業保護区のようなものにするのが良いと思います。

アイナメから2.5万ベクレル=セシウム濃度、過去最高値―福島第1から20キロ沖
時事通信 8月21日

 東京電力は21日、福島第1原発から北に約20キロ離れた福島県南相馬市原町区の沖合でサンプル採取したアイナメから、1キロ当たり2万5800ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。原発事故後、福島近海で捕れた魚介類では最も高い濃度で、一般食品のセシウム基準値(同100ベクレル)の258倍。1キロ食べた場合の内部被ばく線量は約0.4ミリシーベルトと推定されるという。
 福島県沖では6月からタコとツブ貝に限って試験操業が始まり、地元を中心に流通している。アイナメは出荷制限されており、漁もしておらず、市場に出回っていない。
 東電は「ホットスポットのようなものがあって、そこの餌を食べた可能性もある」としている。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示