死なせてもらえないのだろうか。彼も早く安らかにいやされることを祈ります。

シャロン元首相、病床に5年=意識戻らず―イスラエル
時事通信2011年1月4日

 イスラエルのシャロン元首相(82)が脳出血で倒れ、意識不明になってから4日で5年が経過した。シャロン氏はテルアビブ近郊の病院に入院中で、病院によると、現在も意識不明の状態が続き、完全な回復は困難という。 シャロン氏の家族は、自宅療養に移すかどうかを検討しており、昨年11月の数日間、南部ネゲブの自宅に同氏を戻して経過観察した。 
宗教 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示