憲法記念日において

2008/05/03 Sat 06:51

このブログは護憲の立場です。
最も大きな理由は9条にあります。
戦争をしないこと、人を殺さないことが
人を守る為の法として先ず第一であると考えます。

自衛隊は勿論違憲だと思っています。
人を殺してまで守らなければならない人の命なんてない。
そうして、人の命を守っても必ず後に悪い因縁が残る。
苦しむ為に生き残って、楽しいはずがない。

そして、その苦しみは又新たな苦しみを生み出す。
悲しい連鎖です。

この九条の文言が世界各国の憲法にも記されることを願います。


 改憲について      2008年01月30日 

 義務と権利     2007年04月07日 | 倫理

 日本の国際的な軍事貢献の少なさを心配している人へ   2008年10月22日 | 外交 

その他 | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
あなたは自衛官の人権を否定するのですか?
ikkiさん
コメント有難う御座います。
法的に問題があるからということで
人権を否定すべきではないと思っています。
No title
人を殺してまで守らなければならない憲法なんてない。
憲法は金科玉条ではない。

憲法とは何か。
何のために人は憲法を作ったのか?

憲法記念日はそれを考えるいい機会でしょう。
akuさん
コメント有難うございます。
少しでも憲法を意識してもらえればと思います。

管理者のみに表示