fc2ブログ
おつかれさまでした。

ノーベル賞益川敏英さんが死去、その戦争体験と軍事研究反対の言葉
京都新聞 2021年7月29日

 ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英さんが29日までに、81歳で亡くなった。京都大名誉教授、京都産業大名誉教授。益川さんは科学者の立場から軍事研究への荷担に反対してきた。その背景には戦争の体験があった。2017年の京都新聞インタビューに、研究者の倫理や平和への希求を、京大で先輩教員にあたる湯川秀樹博士への複雑な思いを語っていた。
・・・・・
 「…日本の防衛省が公募した研究テーマをみると、軍事色は薄いが、一度研究費が支給されると防衛省との関係ができてしまう。技術者は『戦争の道具を作るわけではない。民生でも使える』と言うだろう。だが、その後に防衛省に一本釣りで誘われ、ずるずると巻き込まれてしまう。…」
・・・・・
「…今は科学者が戦争を意識しなくなってしまった」
「戦争賛成ではないが軍事研究を警戒すべきとは思っていない人や、軍事研究に抵抗感がなく、研究費が出るならやるという人はいる。かつて若手研究者は政治問題に敏感で、社会の状況に反応していた。今はそういう議論に対して拒否反応を起こす。我々科学者は戦争がどういうものか、国民に注意を喚起していく必要がある」
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示