FC2ブログ

CTで肺炎検査?

2020/02/25 Tue 22:14

今の肺炎の報道を見ていて驚いたのが、
診断を下すのによくCTが使われている様子、
改めて日本の医師の放射線被曝に対する
認識の甘さを感じます。

肺炎検査のために肺癌になる人が
一定数出ることをどう考えているのだろう。
勿論、癌の可能性は肺だけではありません。
ここまでの被曝なら絶対安心などという

しきい値を認めているのだろうか。
安全な被曝量などというものは存在しません。
放射線はどれだけ微量でもそれなりの危険性があるのです。
そして、CTの被曝量は本当に大きいこと覚えておいて欲しい。

全身のCTなどをすれば撮り方によっては
100ミリシーベルト近く被曝することもあります。
  (日本の法的な基準は年1ミリシーベルトです。)

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示