生活保護は、申請すれば所得の審査のみで支給すればいいと思います。
今程度の待遇なら受給者は感謝する必要など全くなく、
逆に経済や消費の拡大を抑制してくれている分、
感謝されるべきだと思います。



生活保護減額の福島市に違法判決、原告母子が明かす悲壮な思い
みわよしこさん 2018.1.19


「生活保護ホットライン」で電話を受けてみた
 ~ 生活保護の当事者とは、どういう人々なのか?
みわよしこ さん  2018/1/14(日)


平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情
現代ビジネス 2018年1月14日
経済 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
金銭の支給は弊害があり過ぎるな・・・

例えばこういうのはどうだろう?

まず、収入の過多に関係なく国民であれば、
申請すれば政府米を配給することを保証する。
自主流通米(旨い米)が食べたければ働けってことで。

他の生活必需品・住居なども基本形は申請すれば審査なしで現物支給。
但し、換金不能または換金率が低い現品のみで対応することで、
不正を行う余地を削る。

金銭の支給は厳密な審査及び使用用途に対して強力な指導を行うこと。

段階的な対応をせず、十把一絡げに対応しているから
取りこぼしも出るし不正も発生する。

>今程度の待遇なら受給者は感謝する必要など全くなく、

感謝の心を忘れたら人としてお終いだよ。
akuさん
コメント有難うございます。
旧ソ連や中国に似ていますね。

管理者のみに表示