FC2ブログ
和歌山県内の原発誘致は現在白紙になっていますが、
予定していた数か所の土地は今も関西電力が全て所有しています。
この十年くらいは中間貯蔵施設に狙いを変えています。
中間貯蔵施設も大量の放射性物質を抱えるという意味では、

原発なみに危険なものです。
 
「申し出あれば話聞く」 核燃料中間貯蔵で白浜町長
紀伊民報 2017/12/15(金)

・・・・・
 丸本安高議員(共産)が一般質問で取り上げた。丸本議員は、関電は旧日置川町に土地を所有しているとして「話のテーブルに着けば条件が出てくる。受け入れる気がないのなら、そう明言した方が町民も理解しやすい」などと考えをただした。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示