FC2ブログ
色々なヒントを与えてくれていると思います。

陸前高田市「生活保護」のいま、絶望や貧困と人々はどう闘ったか?
2017.12.11 みわよしこさん | ダイヤモンド・オンライン

・・・・・・
保護率が低い原因として考えられるのは、まず、先祖代々の持ち家に居住している人々が多く「住」は確保できていることだ。
・・・・・
自家用車なしには生活が成り立ちにくい地域でもあるため、「車か生活保護か」の究極の選択になりやすい。
・・・・・
「減少」には、震災犠牲者や義援金による生活保護脱却事例が含まれている。義援金は、自立更生計画書を提出すれば収入認定(召し上げ)されないのだが、混乱の中で、その手続きができなかった保護世帯もあったようだ。
・・・・・
日本の中で「東日本大震災後」がそろそろ終わろうとしている
・・・・・
「平常時でもギリギリ」という人員配置で、非常時に対応できるわけはない。ケースワーカーの人員だけでなく、生活保護という制度そのものに、常に一定の余裕が必要なはずなのだ。
・・・・・
東日本大震災での障害者の死亡率の平均は、おおむね健常者の2倍程度であった。
・・・・・
「…どんな方も、条件次第で社会的弱者になり得るんです。『1人だって取り残しちゃいけない』という思いが、日本の中にもっとあっていいと思うんです」
・・・・・
 いま陸前高田市は、「ノーマライゼーションという言葉のいらないまちづくり」を目指している。「誰が社会的弱者になっても、いつ社会的弱者が訪れても、困らない地域」ということだ。
・・・・・
貧困は個人を襲う災害で、「襲われた被災者が世の中から見えにくくなる」という特徴を持つ。
・・・・・
生活保護は、貧困という災害の被災者を救助する仕組みなのだが、質も量も不足している。あまりにも多くの人々が、「貧」や「困」に襲われ続けているのが日本の現在だからだ。
・・・・・

子どもとお年寄りを狙い撃ちにし市民生活の底下げをもたらす
生活保護基準引下げの提案に強く抗議する緊急声明
        2017年12月11日 生活保護問題対策全国会議
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示