FC2ブログ
裁判官はどうして遺族による意見陳述を許したのだろうか。
遺族は事件には関係ない、遺族の感情で裁判が左右されるのなら、それこそ問題です。
裁判官は死刑判決を出す時の自分や世間への言い訳にしたかったのだろうか。

「万死に値、命で償え」=遺族が陳述、うつむく被告-光市母子殺害・広島高裁 (時事通信) - goo ニュース
2007年9月20日(木)16:38

 本村さんは被告に対し、差し戻し前の二審で陳述した内容を改めて振り返りながら、「君の犯した罪は万死に値する。命を持って償わなければならない」と強い口調で語り掛けた。
司法 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示