三権分立、司法の独立、日本はいつ実現できるのだろう。
「司法」に対する私達の意識改革も必要だと思います。
義務教育の間に、しっかり学習すべきことの一つだと思います。

原発を止めると左遷…エリート裁判官たちが抱える「大苦悩」
 裁判官の世界はこうなっている
現代ビジネス 5/21(日)

・・・・・
 「原発訴訟の弁護団長をしていて、つくづく感じるのは、原発の再稼働を容認する裁判官の多くが、法廷外のことを考え過ぎているのではないかということです」
・・・・・
 「原発を止めた樋口裁判長が、名古屋家裁に飛ばされたのを見て、支払うべき代償の大きさを意識しない人はいなかったはずです」
・・・・・
 一方、原発を止めなかった林裁判長には、望ましい処遇が巡ってくると予想する裁判官は少なくない。…
 「もともと林さんは、任官以来、エリートとして走り続けてきた人で、将来、最高裁入りするだろうと言われていた。
 ところが、ここ10年ほどは遅れが出はじめていて、宮崎地裁や福岡地裁を『遍歴』してるんです。本籍ともいうべき東京に戻してもらえない。少なからず焦りはあったはずです。 それだけに、福井地裁への異動を告げられた時、そこで果たすべき役割を忖度し、それを果たす意欲を胸に赴任していったはずです」
・・・・・・
 このように、原発を止めた裁判官は、地道に裁判部門一筋に歩んできた人で占められている。一方、原発を動かした裁判官は、一様に最高裁事務総局での勤務経験があるエリートがほとんどだ。
・・・・・
 この両者の違いは、日本の裁判所の二面性を図らずも映し出しているといえよう。
 「憲法と法律にのみ拘束」されるはずの裁判所が、実は、政治的配慮を怠らないところだからだ。
・・・・・

-原発関連デモ集会情報- http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
ニュース | コメント(0) | トラックバック(3)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
2017年6月13日、九州電力玄海原発の再稼働差し止めを求めた住民訴訟で、佐賀地裁は原子炉施設の安全性に欠けるところは認められないとして、仮処分の申し立てを却下した。 高浜原発でも、川内原発でも、伊方原発でもほぼ同じ流れになっている。再稼働差し止めを求...
(①からの続き) 「核の平和利用」の名目による原子力エネルギー利用を決定づけた原子力基本法が成立したのが1955年12月のこと。この法律によって今日にまで至る原子力発電所を中心とした我が国のエネルギー政策が規定された。 この前年の3月には、ビキニ環礁での...
(②からの続き) 日本人は無宗教だ、とよく言われる。それは半分正しく、半分間違っている。キリスト教やイスラム教のような、確固とした教義・体系を有する固有の宗教の類であれば、確かに奉じてはいない。 しかし、信仰心がないというわけではない。固有の宗教をもたな...