天皇制の存続について

2017/01/10 Tue 08:01

私は国民の2,3割以上の支持があるのなら、
天皇制は存続させるべきだと思っています。
その程度支持があるものは大体公的助成を受けていると思うからです。
現行のような手厚い助成は流石にひどいと思います。

政治からも更に遠離し、
もっと質素に神道の1宗派として活動すべきだと思います。
天皇を軽んじていると思われる方もいるかも知れませんが、
過度に政治に参加させている現状の方が軽んじているのではないでしょうか。

勿論、退位や家系からの離脱は本人の自由とすべきだと思います。

最後に話はずれますが、
私は人に信仰を聞かれると「神道」と答えています。
是非一度直に天皇さんの祝詞を聞いてみたいです。


 追記
昨晩天皇さんの夢を見ました。
それでこのタイミングなのかなあと思い発表させてもらいました。夢の中では、
倒れそうになる天皇さんを支えたり、病気の皇后さんの看病をしたりしていました。
一つだけ安心して下さい、私は正夢を見たことがありません。
その他 | コメント(2) | トラックバック(1)
コメント
No title
>その程度支持があるものは大体公的助成を受けていると思うからです。
>現行のような手厚い助成は流石にひどいと思います。

逆だよ。
皇室が力を持たないように皇室への多額寄付は法律で制限されている。
予測される寄付金に対してスズメの涙のような公的助成しかないのがひどい。

>過度に政治に参加させている現状の方が軽んじているのではないでしょうか。

何をみて「過度に政治に参加」と思ったのかはわからないが、
現状見る限り「政治に影響が出ないように過剰なまでに言動等に注意している」よ。

退位等も含めて天皇が自身の判断で出処進退を決められないのはどうかと思うが、
今回の「譲位」の件にしても、天皇の言動が周囲に与える影響は大きすぎる。
昭和天皇崩御の時には、直に感じたけど
天皇という存在が政治や社会に与える影響力は、日頃感じているより遥かに大きい。


あと一応、つっこんでおく。
日本に「天皇制」などというものは存在しない。
あるのは「皇室制度」

で、「天皇さん」に違和感があったので調べてみた。
「天皇さん」は二重敬称なので日本語として間違い。
実は「天皇+陛下」も変則的な用法で原則に照らし合わせると誤り。

また「天皇」は尊称でもあるので
「さん」という敬称をつけると失礼になるので注意。
「尊称+敬称」は侮蔑表現として認識されることも多いので、
親しみをこめているつもりでも「天皇さん」という呼称は
少なくとも、不特定多数が見るところではやめたほうがいい。

わかりやすく説明すると、
上司が「社長」といっている横で
親しみを込めようが「社長さん」といったら
失礼になるし、第三者からも常識が無いと思われます。
akuさん
コメント有難うございます。
今年もよろしくおねがいします。

管理者のみに表示
トラックバック
毎週日曜、新宿アルタ前の「草の根アピール」に参加し、 思うところを述べ、プロテストソングを歌っている。 興味ある方は、参集されたい。 今日もしゃべり、歌ってきた。以下は、 その実況中継録画ならぬ、実況中継録文である。 こんにちは。音楽に政治を持ち込む、 日曜新宿アルタ前のジャック・デ・ラ・ロッチャ、 TAKU IKEDOWです。 みなさん、安倍総理の私的諮問機関で...