関西電力、八木社長が、スラップ訴訟をちらつかせて原告を脅して来ました。
被告らのこのような人間性、裁判所はもうすでに十分認識していると思います。
裁判官の方々の良心・プライドを見たいです。

高浜原発仮処分に関電社長「到底承服できない」
 逆転勝訴したら住民に損害賠償請求「検討対象に」
産経新聞 3月18日

 関西電力の八木誠社長は18日、大津地裁による高浜原発3、4号機(福井県)の運転差し止め仮処分決定に対し、「極めて遺憾で到底承服できない」と強く批判した。その上で「現時点では何も決めていないが、一般的に逆転勝訴した場合、損害賠償請求は検討対象になる」と述べ、仮処分決定が覆った場合、仮処分を申請した住民らに対し損害賠償請求する可能性について言及した。・・・・・・

怒る関経連「なぜ一地裁の裁判官が」 高浜原発差し止め
朝日新聞 2016年3月18日

 関西電力の高浜原発3、4号機の運転を差し止めた大津地裁の仮処分決定を、関西経済連合会の森詳介会長(関電会長)や角和夫副会長(阪急電鉄会長)らが17日、批判した。
 角副会長は17日、関経連の記者会見で「憤りを超えて怒りを覚えます」と切り出した。「なぜ一地裁の裁判官によって、(原発を活用する)国のエネルギー政策に支障をきたすことが起こるのか」と述べ、「こういうことができないよう、速やかな法改正をのぞむ」と訴えた。再稼働で電気料金が値下げされると、鉄道事業の電気代が年5億円安くなるとみていたという。
 森会長も同じ会見で、「値下げができなくなったことが関西経済に与える影響は小さくないと考えており、一日も早く不当な決定を取り消していただかなければならない」と話した。
 沖原隆宗副会長(三菱東京UFJ銀行特別顧問)も「理解できない」とし、佐藤広士副会長(神戸製鋼所会長)も「(大津地裁のように)裁判がいろんなところで次々に起こり、電気の安定供給に不安が出てくるのではないかと懸念している」と話した。

阪急電鉄会長は、原発推進の為に憲法改正を訴えているのだろうか。
森関電会長は、原発が最もコストのかかる発電方法だと未だに理解できずに 会長職に留まっているのだろうか。
沖原三菱東京UFJ銀行特別顧問、佐藤神戸製鋼所会長も電気の安定供給の一番の妨げが原発に有ることをどうして理解できない、したくないのだろう。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示