世耕さんの世間知らずにもほどがあると思います。
如何なる理由があれ、如何なる状況であれ、
人の権利を制限すれば悲しみの連鎖は急速です。
それでは誰も楽しめない。

「生活保護利用者の人権は制限してもよい」の先には、どのような社会があるのか?
稲葉剛公式サイト 2016年2月7日

・・・・・
世耕弘成参議院議員(参議院和歌山選挙区、自民党)
 「(生活保護の)見直しに反対する人の根底にある考え方は、フルスペックの人権をすべて認めてほしいというものだ。つまり生活保護を受給していても、パチンコをやったり、お酒を頻繁に飲みに行くことは個人の自由だという。しかしわれわれは、税金で全額生活を見てもらっている以上、憲法上の権利は保障したうえで、一定の権利の制限があって仕方がないと考える。この根底にある考え方の違いが大きい。」
・・・・・


貧困と生活保護(24) 保護を受けつつ働いたら、収入はどうなる
2016年2月12日 読売新聞


育児も介護も家族が背負う、日本の福祉はもう限界
2016年2月16日 ニューズウイーク


入学式に姿なく、2日目も、3日目も…制服買えず欠席 困窮家庭の子にとっては「関門」
西日本新聞 2月17日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示