このような海外記者からのチャレンジ、一日本人として、私は大きく歓迎します。
本当に恥ずかしい日本のジャーナリストたち、悲しみを覚えます。

米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見 
アイ・アジア 2015年10月 5日

・・・・・
今回入手した資料は会見前に準備されていたもので、それによると、日本のメディアの記者と外国メディアの記者が交互に、5人まで質問することが決まっていた。極めて興味深いのは、その資料には、質問者の名前とともに、質問内容まで書かれていたことだ。
・・・・・
初めて日本の総理の会見に出たというアメリカの雑誌記者は驚きを隠さない。
「質問事項をあらかじめ提出しろということですから驚きました。そんなことは、アメリカでは記者倫理に違反する行為です。ところが、それは日本の政府と記者との間では常に行われていることだというではありませんか。本気かよ?と思ったのは私だけじゃありませんよ」
・・・・・
安倍首相が準備された答弁をし、広報官が予定されていたテレビ朝日の記者に振ろうとした時、NPRの記者が続けざまに、「辺野古移設に関連した環境汚染の問題についてどう考えるのか?」と畳みかけた。
想定外の質問に、安倍総理は明確な返答が出来ず、その後、テレビ朝日の記者の質問は行われずに会見は中止となった。納得がいかない外国メディアの記者たちと対照的に、日本人記者たちは、広報官に挨拶をするなどして足早に会見場を立ち去ったという。
・・・・・
前述のアメリカの雑誌記者が表情を曇らせながら語った。
「アメリカで今、日本のメディアは安倍政権に牛耳られていると報じられているのを、日本の記者たちは知らないのでしょうか?記者会見というのは市民を代表してジャーナリストが権力者に挑む場だというのは、アメリカにおいては一般の人も知っている常識です。しかし、残念ながら、日本の権力者の会見はそうではなかった。質問内容は権力側が予め検閲し、その答弁は予め準備されており、会見はその通りに行われる...ちょっと信じられません」
・・・・・
ニュース | コメント(2) | トラックバック(3)
コメント
品格
品格の無さ丸出し。
世界2流国の証拠になる。
これで、「国粋主義者」とは「聞いてあきれる」です。
ましまさん
コメントありがとうございます。
本当に恥ずかしいです。

管理者のみに表示
トラックバック
https://twitter.com/KazuhiroSoda 難民に関する首相の答えがハチャメチャだった理由がこれでわかった。 答えは簡単。 「質問項目にあらかじめ入ってない質問だったから」。 なっさけねえ! 首相も日本の御用記者も! →米記者から「出来レース」批判された安倍首相国連会見 http://t.co/C43OOa46Zx 人気blogランキング >Toshiro...
10年ほど前に制作された、アメリカのテレビ映画だという。 まったく知らなかったのだが、過日、WOWOWで鑑賞した。 ヒットラーの生い立ちから、全権委任法成立までを描く。 演じるのは、ロバート・カーライル。 ケン・ローチ監督の「リフ・ラフ」で、サッチャリズムに痛めつけられた スコットランド出身のプータローに全身全霊でなりきった、 演技っていうか存在感が忘れ難い。こいつと友だ...
シリアにおける″難民クライシス”は今、最悪の事態を迎えようとしている。 大国の思惑と利権をめぐる駆け引きの中で、何の罪もない人たちが自国政府の軍隊によって殺戮され、あるいはイスラム原理主義を標榜する過激派テロリストにより虐殺されているのだ。 そして、それらへの対抗と制裁を口実とする、米ロをはじめとした大国による無差別空爆の犠牲となっている。 中東地域における大国の覇権争いは...