正直、今に始まったことではないと思います。
しかし、エスカレートしてきているのは間違いないと思います。

戦争の準備というのは、人権放棄に必ずつながります。
新たな苦しみの時代がもう迫っています。
しかし、これを拒むことも出来るのです。
主権者としてのプライドを見せる時です。

「思想犯」の復活 国会前、大量逮捕
田中龍作ジャーナル 2015年9月25日

・・・・・
 苛烈を極めたのが16日の夜だった。「そいつを捕まえろ」。警察は次から次へと参加者を逮捕していった。わずか数時間で計13人が身柄を拘束されたのだ。
・・・・・
 都心の所轄署に分散留置されていた13人は、きょう午後までに全員釈放された。
 釈放されること自体は喜ばしいことだが、警察は起訴できない人を13人も逮捕したのである。
 見込みで逮捕するのだから恐ろしい。13人すべての逮捕容疑が公務執行妨害というのが、いかにも だ。
・・・・・ 
 とにかく手当たりしだい逮捕していったのである。「警察に体が触れていないのにもかかわらず逮捕された人が複数いる」と弁護士は話す。
・・・・・
 中央署に勾留されていた男性は、刑事に「政治活動をやめろ。まともな生活に戻るんだ。将来どうなるか分からないぞ」と脅された。
・・・・・
 久松署に留置されていた男性は、耳を疑いたくなるようなことを刑事に言われた。
 「ここには殺人(犯)もいる。強姦(犯)もいる。思想犯ばかりじゃないからね」と。
 男性は「思想犯と言いましたね?」と刑事に質した。刑事は「暴力につながる思想が問題だ」と突っぱねた。まるで戦前の特高警察ではないか。
・・・・・
 政府の方針に反対するデモ参加者は思想犯扱いし、手あたり次第に逮捕する。それが当たり前の時代に入ったのだろうか。


日本の公安庁、情報収集依頼か 中国で逮捕の2人、当局に示唆  
東京新聞 2015年10月3日


水島朝穂早大教授が危惧 「自衛隊制服組の暴走始まっている」
ゲンダイ 2015年10月5日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(3)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
9/24追記:末尾に独立メディア,ツイッター情報(画像)追加. 9月16日の横浜の地方公聴会では,会場外での多くの市民による抗議行動が見られましたが,特筆すべきは市民が道路に座り込んで国会に戻ろうとする議員の車を止めたことでしょう.翌17日,いくつかの新聞はこれを写真入りで大きく,しかも好意的に報じました.応援のクリック歓迎 次は西日本.文中にあるように,明らかに逮捕覚悟の行動であることが...
 多くの一般国民や分野を超えた多くの学識経験者、そして最高裁の元長官や内閣法制局の元長官に至るまでの「憲法違反」との声を無視して戦争法を強行成立させた「独裁者」凶人安倍だが、売国ジミンの党総裁に無投票再選した9月24日に記者会見を行った!  その際、奴は「一億総活躍社会」を作ると称して(1)国内総生産(GDP)600兆円の達成(2)子育て支援拡充(3)社会保障改革に取り組むと宣言し...
アベ政権の手による″安保法制”法案が国会で可決、成立した。世間では、来夏の参院選に政局は移っているかのような論調が支配的だ。 生活の党の小沢一郎代表が提唱してきた全野党による参院選統一名簿構想をはじめ、法案成立後に浮上した共産党・志位和夫委員長の野党選挙協力などがそれだ。 だが、そうしたことが果たして本当に実現可能なのだろうか。選挙協力くらいは、今までも様々な組み合わせでやってき...