2次系の水の中に、3次系の水(海水)が混入したようです。
深刻な問題だと思います。
現在出力は75%を維持しているようですが、
今すぐ原子炉を止めて精密な検査をすべきです。

海水を除去したからもう大丈夫などとは狂気です。

再稼働した川内原発トラブル 配管から海水漏れか
テレビ朝日系(ANN) 8月21日


川内1号機、出力上昇を延期=2次冷却水に海水混入か―九電
時事通信 8月21日



川内原発1号機 原子炉ポンプに不具合   日本テレビ 2015年8月8日
   この後に今日のトラブルです。
   冷却水の循環に何らかの大きな問題が隠れているかもしれません。
   重ねて言いますが、
   至急、運転を止めてしっかり調査してほしいです。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
川内原発でトラブル、出力上昇を延期 ポンプに海水混入か、点検に1週間 (西日本新聞2015/08/21)  九州電力は21日、再稼働させた川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市、出力89万キロワット)で、蒸気を水に戻す「復水器」で不具合が発生したと発表した。一部の配管に海水が混入した疑いがあるという。同日予定していた出力上昇の工程を延期し、1週間程度かけて点検する。外部への放射...