いい放送でした。
出来れば聞いてみて下さい。
ネットで気軽にいつでも聞けます。

第118回「“死刑弁護人”と呼ばれて」
2015年04月13日 ラジオフォーラム

・・・・・
安田弁護士は語ります。警察や検察が作ったストーリーではなく、被告のみが知るすべての真実と被告自身が向き合ってこそ、初めて本当の反省と贖罪が生まれるのだと。安田弁護士の仕事は、狂気に満ちた犯罪が、ひとりの特異な人間の心の闇としてだけ処理されることへの警鐘を鳴らすことなのでしょう。社会を震撼させた数々の凶悪事件を担当してこられた安田弁護士がいう弁護の本質は、被告の罪を軽くする、あるいは無罪を勝ち取ることが目的ではないことが、はっきりと分かります。
・・・・・
原子力ムラの隠蔽体質〜小出裕章ジャーナル
・・・・・
原発推進のあの看板、撤去反対の署名活動
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示