違憲とされた法律を今後も継続審議するのは立法府の不作為、怠慢だと思います。
政府による国会軽視も控えて欲しいです。
今回の安全保障法制(戦争法制)、速やかに廃案とされるべきだと思います。

集団的自衛権行使「違憲」=憲法学者3氏が表明―衆院審査会
時事通信 6月4日

 衆院憲法審査会は4日午前、憲法学者3氏を参考人として招き、立憲主義などをテーマに意見聴取と質疑を行った。民主党委員から集団的自衛権の行使容認について見解を問われた3氏全員が「憲法違反だ」と明言した。
 招かれたのは早大教授の長谷部恭男氏と笹田栄司氏、慶大名誉教授の小林節氏。長谷部氏は、安倍政権が進める安全保障法制整備について「憲法違反だ。従来の政府見解の基本的な論理の枠内では説明がつかないし、法的な安定性を大きく揺るがすものだ」と批判した。
 小林氏も「憲法9条2項で軍隊と交戦権が与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くことは憲法9条違反だ」と強調し、9条改正を訴えた。笹田氏は、従来の憲法解釈に関し「ガラス細工で、ぎりぎりのところで保ってきていた」とした上で、集団的自衛権行使については「違憲だ」と述べた。 
憲法学者から思わぬレッドカード 安保法案審議に影響か   朝日新聞 6月5日
自公推薦の憲法学者、安保法案は「憲法違反」   読売新聞 6月4日

集団的自衛権 首相見解 日本攻撃意思不明でも行使   東京新聞 6月2日

戦争法案には反対です   2015/05/29
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示