戦争法案には反対です

2015/05/29 Fri 11:55

ここで今一度きちんと意見を発します。

平和関連法制と自民党が言う「戦争法案」には反対です。


自民党・公明党並び安倍総理には、もう一度世間をよく見て頂きたいです。
戦争やその準備で平和が生まれたことは歴史上一度もないのです。
平和とは清まる覚悟です。
穢れている所には絶対に訪れないのです。



憲法は国の信念、信念は簡単に揺らいではいけない   2014/07/07

願いや祈りが軽んじられ始めたら 社会は危険な兆候です   2013/06/01

恐怖という理由   2007/01/15
その他 | コメント(0) | トラックバック(3)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
5月20日の党首討論につづき、 衆院特別委員会に於ける、安保法案審議にて、 志位共産党委員長の論は冴え渡り、舌鋒鋭く、 安倍総理を散々に打ち据えたのであった。 これが、27日の手合わせ。こちらが、28日の手合わせ。 うわははははは。赤旗志位之助、天晴れなり!  ♪~ 論をとっては 日本一の 夢は見果てぬ 共産革命     支持者はいないが 元気な意見 貧しい人には 味方...
戦争法案が国会を通ってしまえば,自衛隊員が海外での戦争に本格的に参加することになるが,それだけではなく,民間人も動員されることを忘れてはならない.2004年に国会を通過した「有事法制」によって,国民総動員態勢はすでに出来上がっている.このことが忘れられている.それが何を意味するかを,平和委員会のマンガが分かりやすく示している.(平和委員会のpdfを一部切り取り.) 応援のクリック歓迎 根...
日本は中国との関係をさらに緊迫化させる危険を冒している日本は、南シナ海で紛争が起こった場合、米国をサポートするために自衛隊を派遣する可能性を排除していない。安倍首相は国会でこのような声明を表した。安倍首相は、アジア太平洋地域における米国の近しい同盟国であるオーストラリアも、米国をサポートする可能性を排除しなかった。 安倍首相の声明は少なくとも挑発的だ。中国は安倍首相の声明を、中国への新...