全身CTを撮れば、施設によっては100ミリシーベルトを超えることもあります。

日本で見つかっている癌のうち、5-8%が医療被曝によるものだと
指摘する海外の学者さん達のレポートもあるぐらいです。

CTの被曝線量、医療施設により10倍以上の差
読売新聞 4月19日


医療被曝抑制へ統一基準 CT・X線検査など対象
朝日新聞 4月19日

・・・・・・日本は「医療被曝大国」と言われており、過剰な被曝を抑えていくことが狙いだ。
 日本は年間のCT検査が約3650万件(2000年)で、人口当たりの件数が世界で最も多い国の一つ。国民1人当たりの医療被曝は先進国平均の約2倍とのデータもある。・・・・・・


安全な被曝線量などありません。
どれだけ微量でもそれなりの危険性はあります。
医療においても、私たちはなるべく被曝しないように気をつけるべきだと思います。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示