福島さんは間違っていない。
戦争に向かう法案に平和支援法などと名付ける
安倍政権こそおかしいと思います。

この件に関しては、福島さん並び社民党には、
自民党に対し強く毅然とあって欲しいです。

自民、異例の議事録修正要求 福島氏の「戦争法案」発言
朝日新聞 4月18日

 社民党の福島瑞穂氏が参院予算委員会で安倍晋三首相に質問した際、政府が提出をめざす安全保障関連法案を「戦争法案だ」などと述べたことについて、自民党の理事は17日、一方的な表現だとして修正を求めた。
・・・・・
国会発言を削除・修正するのは国会の権威や人権を傷つけたり、事実関係を間違えたりした例が大半。政治的な信条に基づく質問の修正を求めるのは異例で、論議を呼びそうだ。
・・・・・
 福島氏は1日の参院予算委で、与党が協議中の安保関連法案について「安倍内閣は14から18本以上の戦争法案を出す」などと質問した。
 安倍首相は「レッテルを貼って、議論を矮小(わいしょう)化していくことは断じて甘受できない」と反論したが、福島氏は重ねて「戦争ができるようになる法案だ」と指摘。この質疑を受けて、岸宏一委員長(自民)は「不適切と認められるような言辞があったように思われる。(予算委)理事会で速記録を調査の上、適当な処置をとる」と述べていた。
・・・・・
 自民党は、福島氏の質問について「『戦争法案』と再三決めつけており、レッテル貼りだ」(予算委委員)と問題視。自民の堀井巌・予算委理事が17日、福島氏と面会して「戦争法案」とした部分を「戦争関連法案」などに修正するよう要求したが、福島氏は拒否した。
・・・・・
 福島氏は面会後、朝日新聞の取材に「国会議員の質問権を、こういう形で抑え込もうとするのは極めておかしい。表現の自由に関わる」と語った。

名称は「国際平和支援法」=自衛隊の随時派遣―安保与党協議
時事通信 4月14日


「平和と言い換えろ!」安倍政権が安保法制強行で「戦争」という言葉の取締りを開始
LITERA 2015.04.20



安倍政権 「翁長沖縄知事は中国の手先」との情報工作進める
NEWS ポストセブン 4月17日


浜矩子さん(エコノミスト)×雨宮処凛さん(作家・活動家)
“女性の強さと賢さで、「オッサン政治」を変えていく”
マガジン9 2015年4月15日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
 以下、1週間ほど前に書いた「積極的平和主義は不当表示」の書き出しである。 安倍首相は、国会の答弁に窮すると、「そういったレッテル貼りは……」というようなことを