NHKなどの世論調査のように、固定電話に電話して実施したものではありません。
今固定電話はどのような人が所持しているのかを考えれば
こちらの調査の方が信頼性は高いと見て良いと思います。

安倍総理や自民党の方々にはもう一度よく考えて頂きたいです。
これだけの民意をどうして無視するのか、それが待ち構える結果を。

原発再稼働に反対70.8%、事故の懸念73.8%=学者・民間機関調査
ロイター 4月7日

原発再稼働を前に災害リスクを専門とする学者と民間調査会社が、原発・エネルギーに関する世論調査を実施したところ、再稼働に対して反対が70.8%、賛成が27.9%という結果が出た。また、現状での再稼働では、73.8%が東京電力福島第1原発事故と同規模の事故が発生すると懸念。新しい規制基準の下でも、国民の間に原発への不安感が根強く残っていることが鮮明になった。
・・・・・
<マスコミ調査よりも高い反対の数値>
 電話が主体の国内報道各社の世論調査では、再稼働に反対が概ね5割強から6割弱といった幅で推移しているが、今回の調査では国内報道各社の調査に比べ、反対意見が高く出た。
 こうした結果に対し、広瀬氏は「地域や国民を代表するよう対象者を選ぶ工夫をしている。代表性が高く、調査精度の高さが反映された結果だろう」と話している。
 3月実施の調査は、レジャーや花粉症、金融商品など他の調査項目と「相乗り」して行われた。「原発関連は調査全体の一部を構成しているだけなので、協力した人たちが原発問題に関して偏見があるということはない」(広瀬氏)としている。
・・・・・


川内原発再稼働へ、募る地元の不安と疑念
東洋経済オンライン 2015/4/12


川内原発再稼働への工事計画、規制委が認可――“安全対策”後回しのズサンさ
週刊金曜日 4月7日


自民党が報ステに「圧力文書」を送付していたことが明らかに
2015年04月08日ノーボーダー
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示