私もうっかりしていました。全くそのとうりだと思います。
行政不服審査法の趣旨から考えれば、こんなおかしな判断はありえません。
国・政府などが自ら行使を許される法律ではないのは明確です。
政府・自民党、公明党の皆様にはもう一度よく考えて頂きたいです。

そして、このような答弁、誰が納得できるのでしょうか。
安倍首相:「沖縄防衛局は、私人の事業者と異なるところはない。
(行政不服審査法にもとづく)審査請求は可能と考えている」
余程の無知か大きな悪意がなければ出来ないことです。
ようするに彼には総理の資質がないということだと思います。

法をまげ民意蹂躙 農水相・沖縄不当決定 仁比氏が批判 参院予算委
しんぶん赤旗 2015年3月31日

 日本共産党の仁比聡平議員は30日の参院予算委員会で、翁長雄志沖縄県知事による名護市辺野古の米軍新基地建設作業の停止指示を、林芳正農林水産相が同日に行政不服審査法に基づき効力を停止した問題について質問しました。
 仁比氏は、行政不服審査法は公権力の行為に対して国民の不服申し立ての道を開き、国民の利益の救済をはかるものであり、国は使えないというのが学会の通説であることを指摘。「防衛省が乱用し、農水省がお墨付きを与える、追いつめられた安倍政権のお手盛りだ。法をまげてでも(新基地建設を)強行するのはやめ、まず知事に会うべきだ」と迫りました。
 安倍晋三首相は「沖縄防衛局は、私人の事業者と異なるところはない。(行政不服審査法にもとづく)審査請求は可能と考えている」などと正当化しました。
 仁比氏は「強大な行政権力に対して国民の権利を救済するためにつくられた手続きを、『オール沖縄』の民意と知事権限を蹂躙(じゅうりん)する国の強権手段として使うことは許されない。撤回すべきだ」と厳しく批判しました。

〈国会〉沖縄県の判断に不服審査請求した国のどこが私人か?
「公権力中の公権力ではないか」
まさのあつこ 2015年3月31日


愛知と長野の自治体が沖縄米基地を巡り
「地方自治の尊重」等を 日本政府に求める意見書を採択
まさのあつこ 2015年3月30日


「いのちの海とサンゴ礁を守れ」~辺野古新基地に反対、作業の中断を
賛同署名募集中
 http://www.foejapan.org/aid/henoko/pr_150325.html


     もう何処にも新しい軍事基地は要りません。
     普天間飛行場は移設ではなく廃止すべきものです。
     平和への覚悟、今こそだと思います。

ニュース | コメント(0) | トラックバック(2)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
対米従属こそが官僚の権威の根拠であり、時の内閣もそれにしたがって日本は戦後ずっと不沈空母の役割とアメリカのATMであり続けることに何の疑いもなかった。 そして、 当の米 ...
或るブログのコメント欄でロイターのMichelle Obama meets Japan royalsという記事を紹介しておられた。 その記事にあるヴィデオは来日されたミシェル・オバマ大統領夫人が皇居を訪れた時、 門まで迎えに出られた天皇皇后両陛下と挨拶を交わされた時のシーンなのだが、 天皇陛下がミシェル夫人に言っておられる言葉の中に「沖縄」という言葉がはっきりと聞き取れるのである。 ...