大手マスコミによるおかしな好景気報道、いつまで続くのでしょうか。
本当に恥ずかしいかぎりです。

春闘「高額回答」報道の一方…ロイター調査では4割ベアゼロ
ゲンダイ 2015年3月19日

・・・・・
資本金10億円以上の中堅・大企業400社を対象に行った調査は驚く結果だ。昨年を上回る賃上げ率を予定しているのは全体のわずか14%。ベアを予定していないという“ベアゼロ”回答は、実に39%に達した。さらに、昨年4月の消費税率3%アップ以前と比べた賃金上昇幅については、76%の企業が「2%以下」と回答。増税分3%に追いつかず、“実質ベア”はマイナスということだ。
・・・・・
資本金10億円以上の中堅・大企業でもベアには渋いのだから、中小企業はもっと厳しい。東京商工リサーチが資本金1億円未満の企業2万590社について、昨年9月期決算での業績を調査したところ、減益企業が37%に上ったという。下請けの中小は、円安や消費増税によるコスト増加分の価格転嫁が難しい。大企業との差は開くばかりだ。
・・・・・

NYタイムズ東京支局長指摘 「大新聞は国民を見下している」
ゲンダイ 2015年3月16日

 相変わらず安倍政権の支持率は高いが、不思議なことだ。庶民にアベノミクスの恩恵はまったくないし、イスラム国の人質事件は最悪の結末に終わった。政治とカネの醜聞が噴出し、大臣がまた辞任した。そんな中で、安倍政権は平和憲法をかなぐり捨てる法整備を進めているのに、世論は怒るわけでもない。その理由を尋ねると、来日して12年になるニューヨーク・タイムズ東京支局長のマーティン・ファクラー氏からは明快な答えが返ってきた。
 「報じない大メディアが悪いのです」――。・・・・・・

20代からの生活保護相談の急増 「家族」への福祉依存の末に
今野晴貴 2015年3月19日


ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示