死に待ちは出来ても、死に逃げは出来ないです。
国は今という償いの機会を失することを恐れるべきです。
起こした悪事は必ず償わされます。
与えた苦しみに比例して代価は大きくなるのは言うまでもありません。

和解前に238人死亡 福島・浪江町民の賠償増額申し立て
2014/12/25 日本経済新聞

 東京電力福島第1原発事故で全町避難が続く福島県浪江町の約1万5千人が賠償増額を求めて原子力損害賠償紛争解決センターに申し立てた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、申立人のうち238人が東電との和解前に亡くなったことが24日、関係者への取材で分かった。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示