弁護士さん達が作られた原発のドキュメンタリー映画です。
監督の河合さん、いつも関西電力の株主総会でお見受けしています。
頼りになる弁護士さんです。
現在随時公開中、機会があれば是非ご覧ください。

ドキュメンタリー映画
「日本と原発」
製作・監督/河合弘之  構成・監修/海渡雄一  
制作協力/木村結  音楽/新垣隆
脚本・編集・監督補 拝身風太郎 

ストーリー
この映画は、弁護士河合弘之と盟友弁護士海渡雄一、訴訟を共に闘う木村結の3人が多くの関係者、有識者にインタビュー取材を行い、現地での情報収集や報道資料等を基に事故に巻き込まれた人々の苦しみ、原発事故を引き起こした背景、改善されない規制基準、エネルギー政策のウソと真実を追求したドキュメンタリー映画である。・・・・・・
【お話を伺った方々】
青木秀樹 アナトーリー・チュマク 飯田哲也 エフゲーニャ・ステパノワ 
大島堅一 川口登 小出裕章 コンスタンティン・ロガノフスキー 
古賀茂明 鈴木大介 高野仁久 田中三彦 馬場有 (敬称略)

予告編


お知らせ・上映スケジュール
  -  -  -  -  -  -  -  -

辣腕弁護士が問う「日本と原発」   2014年 12月 11日 ロイター
・・・・・
エンディングの交響曲が印象的だった。佐村河内守氏のゴーストライターだったことを告白して話題になった新垣隆氏の作曲だ。全国の原発を次々に映し出しながら流れる荘厳な曲を聞くことができただけで、入場料1500円は十分に元が取れたと思う。
・・・・・
「しょせん、裁判官たちは国策に反するような判決を出せないのではないか」と河合氏に問うと、同氏は「裁判は民主主義社会の安全弁だ。民主主義だけだと、衆愚政治になった場合や、大衆が激情型行動をとった時に取り返しがつかない。そういう時のためのインフラとして裁判制度がある。今こそ安全弁が働くべきだ」と語気と強めた。
・・・・・

みる・よむ・きく ドキュメンタリー映画「日本と原発」   2014年11月09日 日刊ベリタ

超映画批評: 日本人の洗脳を解き、原子力ムラの息の根を止めるため作られた一本 

「2時間で原発問題が分かる映画だ」 〜
河合弘之弁護士初監督作品「日本と原発」制作発表
IWJ  2014/11/04


心に秋風が吹いた経済弁護士が作った映画「日本と原発」公開
まさのあつこ   2014年11月5日


脱原発弁護士が映画製作で再タッグ     2014年10月05日 東京スポーツ

-原発関連デモ集会情報-
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示