判決の妥当性は置いておいて、裁判官のこの言い分には疑問を感じます。

発達障害で求刑超え懲役20年判決 「社会秩序の維持に」
産経新聞 7月30日

・・・・・・「家族が同居を望んでいないため障害に対応できる受け皿が社会になく、再犯の恐れが強く心配される。許される限り長期間、刑務所に収容することが社会秩序の維持に資する」・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示