「冷静さを欠いている」などという表現はまだ毎日新聞のやさしさです。
総理は気づいているのだろうか。

社説:首相の「捏造」発言 冷静さを欠いている
毎日新聞 2014年11月02日

・・・・・
 安倍晋三首相が朝日新聞を名指しして、その報道を「捏造(ねつぞう)だ」と国会の場で断じた。だが、捏造とは事実の誤認ではなく、ありもしない事実を、あるかのようにつくり上げることを指す。果たして今回の報道がそれに当たるかどうか、首相は頭を冷やして考え直した方がいい。
・・・・・
 首相はかねて朝日新聞を「敵」だと見なしているようで、今回の記事も「最初に批判ありきだ」と言いたいようだ。「安倍政権を倒すことを社是としていると、かつて朝日の主筆がしゃべったということだ」とも国会で発言している。だが、朝日側はその事実はないと否定しており、首相がどれだけ裏付けを取って語っているかも不明である。
・・・・・

(社説)首相の発言 「捏造」は看過できない    朝日新聞 2014年11月1日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示