裁判員制度が裁判で真理を追究する際の障害になっているようです。

裁判員に配慮、地裁が遺体のイラスト提出認めず
読売新聞 10月21日

 
ホームレス暴行死 2審も4少年の「殺意」認めず、1審の「静止画」で判断
産経新聞 10月22日
ニュース | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
No title
このこと、たまに(かなり) 頭をよぎる。

裁判員に必要なあらゆる証拠は見せず、
しかし「残虐」なものを いきなり不意に見せつけたりする。。。

このアンバランスさが不可解。
結論を誘導してる感じがして、裁判員制度ってイヤな感じです。
亡くなった方々への無念さや
加害者のやるせない気持ちが浮かばれない。

いったい何のためなのだろうかと考えてしまう。


R☆さん
コメントありがとうございます。
せめて2審からはきちんとして欲しいものですよね。

管理者のみに表示