奨学金を貸付にしていることが、そもそもの間違いだと思います。
学習意欲のある者には無条件に譲渡すればいい、
高い教育水準を維持することは社会にとって大いに有益です。

学生が安心して使える奨学金に
――奨学金返済への不安と負担を軽減するために
2014年10月7日しんぶん赤旗
ニュース | コメント(4) | トラックバック(0)
コメント
No title
社会人になってから 大学院生として学び直していた頃、奨学金を借りており 今だに毎月返済してます
(´-`).。oO
あと80万円、5〜6年くらい。利子がないし身からでたわびさびとはいえ、キツいですねー。

誤解を恐れずに…いや、おそれながら(笑)言いますが、消費者金融から借りてる人の気持ちも 少し(かなり)わかる気がいたします。
杓子定規なんです、減免申請の方法とか何もかもが。

「返還相談センターに繋いで‼︎ 」伝えると
運がいいと、良心的な相談員の方と話せますよ。
けろ太朗☆さん
コメントありがとうございます。
運って、何なんでしょうね。
やさしい人がいっぱいの世の中になって欲しいです。
No title
そのとおりだと、あたしも思います。
運よく 話を聴いてもらえたからといって、減免されたわけではないですし。

運とか 運命とか あまりすきじゃないのに変な言葉を使ってしまい申し訳ありませんでした。

みな。平等でなければならないと思います。
けろ太朗☆さん
ありがとうございます。
応援していますね。

管理者のみに表示