私も最近よく思います。

「最強」の台風は増えているのか?
増田 雅昭 | 気象解説者 2014年10月14日

 史上最強、過去最強、今年最強、台風が来るたびに「最強」の台風がやってきます。「最強」の台風は近年、増えているのでしょうか?結論から言うと、増えていません。「最強」と“呼ばれる”ことが増えているのです。・・・・・・
・・・・・
史上最強の台風は近年の日本に来ていない
 さすがに最近は、ネットなどで「また最強かよw」といった、おかしさに気付くコメントも、よく見かけるようになりました。それは、「あなたが何を言っても今度から信じませんよ」とほぼ同義です。
 防災情報は大げさに言うくらいが良い、という考えもありますが、この調子でいくと、情報を信じてもらえないマイナス効果が上回るのも、そう遠くないのではないでしょうか。
 今回の台風19号は上陸時が970hPa。 過去には911.6hPaで上陸した室戸台風(1934年)がありますし、統計がそろう1951年以降にしぼっても、伊勢湾台風(1959年)の929hPaなどがあります。
 近年、史上最強や過去最強と呼べるような台風は、日本に来ていません。


  このような状況を人の良心により引き起こされているのならまだいいのですが、
  そうではなく悪意に近い保身の為というのが多くの現実だと思います。
  この調子では信頼を本当になくしてしまうと私も思います。
  本当に大事の時、正確に判断できる人が減ってしまうと思います。




ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示