島崎委員長代理のこの通告を支持します。
原電の姑息な時間稼ぎ、恥を知って欲しいです。

敦賀原発、断層審議 規制委一転、新資料を拒否 6日前、面談では了承
産経新聞 10月13日

・・・・・
 だが、9月4日の会合当日、当時の島崎邦彦委員長代理(9月18日付で退任)が「議論の度ごとに新しい資料を出されると(断層評価が)終わらない」と述べ、新データを含まない昨年7月時点の旧資料で議論を進めることを一方的に通告。新資料を採用しないまま審議を行った。
・・・・・

  それにしても、この産経新聞の記事はひどいものです。
  原発問題に対して無知なのか、悪意なのか。
  ジャーナリストとしてのプライドが微塵も感じられない。




ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示